日本橋 和紙 榛原(はいばら)

わたしと榛原interview / lifestyle

3月:桜

榛原歳時記 * 桜

長かった冬も終わり、気づけば各地から花の便りが聞こえる頃となりました。

この度は、日本における桜の愛好の歴史をお伝えしたいと思います。

桜の花は日本で最も親しまれてきた花の一つです。 その愛好の歴史は古く、養老4(720)年完成の『日本書紀』の「履中紀」3年の条(402年頃)に既に桜の花にまつわるエピソードや和歌が記されています。

奈良時代、花の賞玩は桜よりも梅が盛んであり、このことは『万葉集』の梅の和歌が119首であるのに対し桜を詠んだ和歌が42首であることからも伺われますが、 平安時代になると一転し、承和年間(834-848)に内裏の正殿である紫宸殿の梅の花が桜に植え替えられ、 『古今和歌集』においても春歌133首のうち梅の和歌が18首、桜の和歌が70首と、 桜を詠んだ和歌が春歌の過半数を占めることになりました。

また桜の花見が公式行事として行われた記録も平安時代に遡ります。 弘仁3年(812)、嵯峨天皇が花宴の節を行ったのをその初めとし、以降公宴として花見が繰り返されているのです。 桜の花は春を代表する花として、また近代以降は日本を象徴する花として多くの絵画・器物に表されてきました。

3月:桜

これは榛原においても同様であり、桜の花は、絵巻紙、絵封筒、千代紙、ぽち袋、団扇など様々な和紙小間物の図案に表されています。

何時の時代にも、桜は人々の心を優しい幸福感で満たしてまいりました。 今年も、皆様お一人おひとりに、素敵な桜との思い出が生まれますように。