日本橋 和紙 榛原(はいばら)

わたしと榛原interview / lifestyle

2月:絵はがき「百福」<河鍋暁斎>

2月:絵はがき「百福」

立春を迎えた本日は、新しい春の一日目です。

どの家にも、福の神が招き入れられ、新たな季節が巡り始めます。

幕末明治期に活躍した人気絵師 河鍋暁斎が、榛原団扇の下絵として 提供した「百福」の図。
現在は絵はがきとして販売しています。

お茶を点てるお福さん、書を書くお福さん、髪を結うお福さん、 皆さん、優しい穏やかな微笑みをたたえています。
女性の、日々の生活の様々な場面を、楽しげに優しく描いたこの図は 普段の生活の中にこそ、幸福が隠されている事を私たちに教えてくれているように感じます。

また、この「福」とは幸福の「福」であると同時に、現代まで命を繋いでくれたご先祖様の事をさしているとか。
よく見てみると、懐かしい誰かの面影が描かれているかもしれません。

ご紹介した商品

2月:絵はがき「百福」

幕末明治に活躍の河鍋暁斎(1831~1889)は、榛原に多くの図案を提供しました。
この度、榛原団扇絵「百福」を絵はがきに復刻いたしました。
暁斎の描く可愛いお福さん達が優しい気持ちを伝えてくれます。

絵はがき「百福」<河鍋暁斎>