• 0

Menu

梅-春を告げる花-

厳しい冬、他の花にさきがけて咲く梅の花

立春が近づくと、春を告げる梅の開花が待ち焦がれます。
現在、馴染みの深い梅の花ですが、元々は日本で自生しておらず、八世紀頃に中国から日本へと渡来したものと考えられています。中国への憧憬と共に梅の花は日本で愛好されるようになり、『万葉集』にも梅を題材とする122首の和歌が収められています。厳しい冬、他の花にさきがけて咲くその姿は春の先駆けとして、また「高潔」の象徴として讃えられて参りました。

吉祥の象徴としての松竹梅

梅は松竹梅に示されるように慶賀・吉祥の意味合いを有する花です。松竹梅の組み合わせは、元は中国の文人画の画題「歳寒三友」に由来しますが、松竹梅が庶民の間で身近なものとなった近世以降、吉祥の意味合いを込めた縁起物として好んで表されるようになりました。

吉祥の象徴としての松竹梅

榛原の梅文様

榛原においても、梅の花は江戸時代の絵巻紙や状袋(封筒)から始まり、明治時代以降の画稿や団扇、掛紙、ぽち袋、暦、絵封筒、千代紙など、現在に至るまで様々な和紙小間物に描かれています。これらの図案は、時代を経て復刻され、今なお多くの方に愛されています。

榛原の梅文様

厳しい寒さも、もうしばらく。
後数カ月すれば、街は満開の桜に染められるでしょう。
しかし、この寒い空気の下で凛と花を咲かせ、柔らかい香りで人々を和ませる梅の花も、言葉では言い表せない美しさがあります。

梅商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
1-12 / 22 次のページへ
550円(内税)

榛原に伝わる「伊勢型紙」の図案を用いて、ぽち袋を仕立てました。デザインの基礎となっているのは、江戸時代より榛原に収蔵されている型紙です。

2,585円(内税)

四季の風景を、木版手摺りにて鮮やかに写した便箋です。 榛原と親交の深かった幕末の絵師・柴田是真(1807〜1891)の筆による「榛原謹製花くらべ」を元に復刻しました。 にじみ止めをほどこしておりますのでペン、墨の書き味も優れております。

550円(内税)

レトロな箱の図柄は、明治期に作られた榛原千代紙を元にデザインされた物です。マッチ箱の様な箱の中に便箋一巻とぽち袋5枚が収められていて、ちょっとしたプレゼントにも最適です。

550円(内税)

レトロな箱の図柄は、明治期に作られた榛原千代紙を元にデザインされた物です。マッチ箱の様な箱の中に便箋一巻とぽち袋5枚が収められていて、ちょっとしたプレゼントにも最適です。

1,650円(内税)

明治・大正期 伊勢型紙の図案を千代紙に復刻いたしました。【風待草】は梅の別名で、厳しい寒さに耐え、百花に先がけて花開く姿を紋様化しました。

1,650円(内税)

明治大正期に、榛原より発売されていた千代紙を復刻いたしました。 【松竹梅】は、古くから親しまれてきた吉祥紋様ですが、この千代紙では樹木の姿ではなく、花や、葉や実を全体に散らしたデザインとなっており「おめでたい事が皆様の間に広がりますように」という意味が込められています。

pagetop