• 0

Menu

七夕

榛原と七夕-和紙で作る七夕飾り-

和紙で作る、七夕飾り。

大人になってからは、何となく遠い存在になってしまう七夕。今年は和紙でささやかな飾りを作り、星に願いを掛けてみては如何でしょうか。

星に祈る、手習いの上達。

日本の七夕は、「古事記」に登場する「棚機津女(たなばたつめ)」の伝説に由来すると言われています。村で一人選ばれた巫女が、水辺の機屋にこもり、身を浄めて布を織って、七月六日に到来する神様を迎えるという行事が行われていました。
一方、中国では、織女と牽牛の二星が一年に一度、天の川を渡ってつかの間の逢瀬を楽しむという伝説があります。織女は、機織りや針仕事を司る星なので、唐時代には織女星に裁縫の上達をお祈りする儀式が行われました。
この故事が日本に渡り、同じ織姫や、水をテーマに持つ「棚機津女」の伝説に触れて、現在の七夕の行事となったのだと考えられます。江戸時代には、機織りだけではなく書道や手芸全般など幅広い手習いごとの上達を祈る儀式になりました。寺子屋の普及により、庶民の間で詩歌を書いた短冊や五色の糸を、笹竹に飾って星に祈る風習が生まれました。童謡の「たなばたさま」の「笹の葉さらさら 軒端にゆれる」に歌われる竹飾りは、この頃から徐々に広まっていったようです。

梶の葉かざり

学芸の上達を願って梶の葉かざり

七月七日の朝、芋の葉に降りた露を集めて梶の葉に詩をしたためると、学芸が上達するという言い伝えがありました。
この風習から、江戸時代には、七夕の前夜に梶の葉売りが町を歩き回り、風物詩の一つとなったと伝わっています。
梶の葉には天の川を渡る船の「舵」の言葉が掛けられており、現代でも七夕飾りには欠かせません。

作り方

梶の葉作り方1

型紙に沿って、緑色の折紙を梶の葉の形に切り取ります。
(左の図をクリックするとPDFが表示されます。プリントアウトして型紙にご利用ください。)

梶の葉かざり作り方2

針で糸を通し、輪にして結びべばできあがりです。

短冊

願いごとをしたためる短冊

七月六日の夕刻、五色の短冊に詩歌を書いて笹に吊るすと、願いが叶うとされていました。
ここでは、小さな紙片を色とりどりに散らした[七夕紙]の一筆箋を短冊に見立て、願い事を書いてみましょう

作り方

短冊作り方1

一筆箋の上方中央に穴をあけます。

短冊作り方2

糸を通し、輪にして結べばできあがりです。

提灯

短冊を照らす提灯

提灯は、星に願いが届く様に、短冊を照らします。
ここでは榛原で取り扱う五色の「七夕紙」を使いますが、折り紙や、千代紙を使っても綺麗に作る事ができます。

作り方

提灯作り方1

七夕紙を半分に折ります。

提灯作り方2

輪の部分に1センチ間隔で切り目を入れていきます。

提灯作り方3

紙を開き、くるりと丸めて両端を重ねて糊付けします。

提灯作り方4

形を整えて、できあがりです。

モビール

染め紙を使ってモビール

伝統的な七夕飾りに加え、染め紙のモビールの作り方を紹介します。
両面に色のついた、染め紙の折り紙を使うと、カラフルに可愛く作ることができます。

作り方

モビール作り方1

サークルカッターを使って、染め紙を直径5cmの円形に切り抜きます。

モビール作り方2

ばらばらの色の円を3つ重ねて、中心一か所でホチキス止めします。

モビール作り方3

上記の3枚組の円形染め紙をたくさん作ります。

モビール作り方4

針と糸で円を繋げればできあがりです。沢山作って、簾のようにかけても綺麗です。

七夕商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
1-7 / 7
990円(内税)

はいばら千代紙の中から赤をイメージした柄を選び、おりがみセットにしました。厳選された和紙を使い、職人が手作業で色をのせております。創業より現在に至るまで、多くの美術家に依頼してきた図案をもとにしている「はいばら千代紙」をお楽しみください。

990円(内税)

はいばら千代紙の中から青をイメージした柄を選び、おりがみセットにしました。厳選された和紙を使い、職人が手作業で色をのせております。創業より現在に至るまで、多くの美術家に依頼してきた図案をもとにしている「はいばら千代紙」をお楽しみください。

990円(内税)

はいばら千代紙の中から紫をイメージした柄を選び、おりがみセットにしました。厳選された和紙を使い、職人が手作業で色をのせております。創業より現在に至るまで、多くの美術家に依頼してきた図案をもとにしている「はいばら千代紙」をお楽しみください。

990円(内税)

はいばら千代紙の中から黄色をイメージした柄を選び、おりがみセットにしました。厳選された和紙を使い、職人が手作業で色をのせております。創業より現在に至るまで、多くの美術家に依頼してきた図案をもとにしている「はいばら千代紙」をお楽しみください。

550円(内税)

和紙に罫線を引いた一筆箋です。 純白の和紙に楮の繊維を散らし、シンプルに灰色の罫線を引いた[大礼紙]と、 白、水色、黄緑、桃色、薄黄色の淡い色合いの和紙に、小さな紙片を色とりどりに散らした[七夕紙]の二種類がございます。

1,540円(内税)

白、水色、黄緑、桃色、薄黄色の淡い色合いの和紙に、小さな紙片を色とりどりに散らした便箋です。

580円(内税)

ドーサ引きの和紙に刷毛で染料をのせた色帯です。

  • 1-7 / 7
  • 1
pagetop