• 0

Menu

季節の特集

季節の特集一覧

日本人は、昔から四季の移り変わりに合わせて暮らし方に工夫をこらし、独自の生活文化が育てて参りました。
生活必需品であった和紙も、様々な場面でこういった生活文化に組み込まれています。
この特集では、季節に合わせた「和紙のある生活」についてご紹介したいと思います。

春の特集(3〜5月)
雛祭り

さくら

端午の節句
夏の特集(6〜8月)
団扇(うちわ)

榛原と七夕-和紙で作る七夕飾り

暑中見舞い -大切な人への一枚の「涼を送る」-

夏-清涼をもたらす夏のモチーフ-
秋の特集(9〜11月)
敬老の日

[秋の色彩]  -菊・もみじ-

ホームパーティ -手ずから整える食卓-
冬の特集(12〜2月)
お正月迎え -年賀状とお年玉。大切なお正月迎えの準備。-

御年賀の品-新年に縁をつなぐ贈り物

「梅」-春を告げる花

「節分」陽たる春を呼ぶ

季節の特集商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
2,970円(内税)

長きにわたり人々に愛されたはいばら千代紙を表紙にあしらったノートです。コデックス装という背が解放された特別な製本方法を用い、180度ストレスなくスムーズに開くことができます。

2,970円(内税)

長きにわたり人々に愛されたはいばら千代紙を表紙にあしらったノートです。コデックス装という背が解放された特別な製本方法を用い、180度ストレスなくスムーズに開くことができます。

1,650円(内税)

小花文様は、特定の花でなくパターン化された図案なので、季節を問わず、さまざまな場面で愛用されています。また「唐草文様」は、四方八方どこまでも続くところから、発展、繁栄の意味があります。背景の「格子文様」との組み合わせで、障子に映ったシルエットのような、詩的な世界観を表現しています。

1,650円(内税)

「二葉葵」は、日本の林などに生息する植物。春になると枝分かれした茎の先端に、可憐なハート型の葉をつけるため、「幸せを招く」と人気です。また、葉が太陽に向かい、茎を伸ばす性質から“発展”の意味を持ち、縁起の良い文様です。山の形に連続する構成を、文様の分類では「山道(やまみち)」といいます。

1,650円(内税)

牡丹の花はその姿の華やかさから「花の中の王」「花王」とも呼ばれ、富貴を表します。大輪の牡丹が、幾重にも花びらを重ねて咲く様子が艶やかに描かれた千代紙です。明治大正期に、榛原より発売されていた千代紙を復刻いたしました。

990円(内税)

互いに重なり合って満開に咲く桜の姿が描かれています。榛原に伝わる吉祥文様を使用し手ぬぐいに仕立てました。日本製ですので、贈り物や海外の方へのお土産にもおすすめです。日々の生活の中で、鮮やかな色彩をお楽しみください。

990円(内税)

はいばら千代紙の中から青をイメージした柄を選び、おりがみセットにしました。厳選された和紙を使い、職人が手作業で色をのせております。創業より現在に至るまで、多くの美術家に依頼してきた図案をもとにしている「はいばら千代紙」をお楽しみください。

pagetop