• 0

Menu

季節の特集

季節の特集一覧

日本人は、昔から四季の移り変わりに合わせて暮らし方に工夫をこらし、独自の生活文化が育てて参りました。
生活必需品であった和紙も、様々な場面でこういった生活文化に組み込まれています。
この特集では、季節に合わせた「和紙のある生活」についてご紹介したいと思います。

春の特集(3〜5月)
雛祭り

さくら

端午の節句
夏の特集(6〜8月)
団扇(うちわ)

榛原と七夕-和紙で作る七夕飾り

暑中見舞い -大切な人への一枚の「涼を送る」-

夏-清涼をもたらす夏のモチーフ-
秋の特集(9〜11月)
敬老の日

[秋の色彩]  -菊・もみじ-

ホームパーティ -手ずから整える食卓-
冬の特集(12〜2月)
お正月迎え -年賀状とお年玉。大切なお正月迎えの準備。-

御年賀の品-新年に縁をつなぐ贈り物

「梅」-春を告げる花

「節分」陽たる春を呼ぶ

季節の特集商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
7,700円(内税)

はいばら木版摺美術画「菊花」の発売を記念して、木版彫師 三代目関岡扇令が手掛けた木版の線画の描写を使用し、扇子を仕立てました。バリエーションより、紺色、紫色お好きな色をお選びください。

990円(内税)

はいばら千代紙の中から赤をイメージした柄を選び、おりがみセットにしました。厳選された和紙を使い、職人が手作業で色をのせております。創業より現在に至るまで、多くの美術家に依頼してきた図案をもとにしている「はいばら千代紙」をお楽しみください。

1,650円(内税)

尾長鳥は、鳳凰に通じる事から、開運 招福、富貴繁栄をはじめ様々な縁起を 託すことができるとされています。富貴の象徴である牡丹の花と、溶け合うように描かれた柄は、アールヌーボー の様式を彷彿とさせます。

1,650円(内税)

瓢箪は実の中に薬を入れて無病息災のお守りとされてきました。 また、末広がりで縁起の良い形、沢山の実をつけることから実り多き日々を表しています。こちらの千代紙は、細かな瓢箪を 画面いっぱいに散らした賑やかな柄です。

pagetop