閉じる

4月の休業日
30(月・振替休日)
5月の休業日
全日営業
6月の休業日
全日営業

閉じる

わたしと榛原interview / lifestyle

7月:七夕

歳時記

7月:七夕

涼しげに揺れる笹の葉や、願い事を書いた色とりどりの短冊が、街でも見受けられる季節になりました。

日本の七夕は、「棚機津女」の伝説に由来すると言われています。
村で一人選ばれた巫女が、水辺の機屋にこもり、 身を浄めて布を織って、七月六日に到来する神様を迎えたのです。
神様は、七日の夕刻にお帰りになるので、 その時に川で禊ぎを行うと村に豊穣がもたらされるとのこと。

一方、中国では、天の河の対岸に引き離された織女と牽牛の夫婦が 七月七日だけ逢うことが許されたという「七夕」の物語があります。

また、唐時代には針仕事が得意な淑女に瓜果酒をお供えして、 裁縫の上達をお祈りする「乞巧奠」という儀式が行われました。

この「乞巧奠」が日本に渡り、機織りだけではなく裁縫や手芸全般など幅広い手習いごとの上達を祈る儀式になりました。
儀式の際には、女性たちが朱塗りの机を庭に設え、 果物や野菜と一緒に五色の糸を通した針をお供えしたようです。
その頃の名残から、現在でも七夕飾りには緑・赤・黄・白・黒(紫)の五色を用いる事が主流となっています。

中国から伝わった「乞巧奠」が、同じ織姫や、水をテーマに持つ 「棚機津女」の風習に触れて、現在の七夕の行事となったのだと考えられます。
七夕飾りも、梶の葉や天の川、流れ星、吹き流し、紙衣など、様々なモチーフを取り入れた物となっています。
一つ一つの飾りの意味を考えてみるのも、楽しいですね。

 

7月:七夕

今年も榛原のベンジャミンは七夕飾りを纏って客様をお迎えいたしております。

数ある七夕飾りの一つに、梶の葉をモチーフにした飾りがあります。 江戸時代には、七月七日の朝、芋の葉に降りた露を集めて梶の葉に詩をしたためると、学芸が上達すると信じられていました。 この風習から、七夕の前夜に梶の葉売りが町を歩き回り、風物詩の一つとなったと伝わっています。

梶の葉には天の川を渡る船の「舵」の言葉が掛けられており、現代でも七夕飾りには欠かせないモチーフとなっています。