閉じる

1月の休業日
1(月祝)2(火)3(水)4(木)8(月祝)
2月の休業日
12(月)
3月の休業日
21(水祝)

閉じる

わたしと榛原interview / lifestyle

3月:雛祭り

歳時記

3月:雛祭り

長かった冬も、後少し。
3月3日は、女児の健やかな成長と、少し早い春の訪れを祝う「雛祭り」です。

雛祭りの始まりはその昔の中国。 3月3日に災厄や汚れをはらうため、青い芝を踏んで、酒を飲み交わし、 池に入って身を清める「踏芝」という習慣がありました。 この風習が日本に伝わった折りに、自分の災厄を人形に移して川へ流す神事と重なり、「流し雛」の行事が生まれたと言われています。

やがて雛人形は流すものから飾るものへ。 今のようにひな壇に飾られる雛人形は、宮中へ入内した徳川家康のお孫様の東福門院が、子供の為に作らせたものが始まりといわれています。

また、昔は「踏芝」に因んで、女の子たちが雛人形を持って、野辺や磯に出かけ、お雛様に春の景色を見せてあげる風習もありました。
何時の時代においても、巡る季節や自然の恵みに感謝し、幸福な将来を祝う大切な日となっています。

最後になりますが、雛人形を飾る時期は立春を過ぎてから3月3日まで。 この時期を過ぎたら、すぐにしまいます。
「雛人形をいつまでも出していると婚期が遅くなる」 という言い伝えがありますが、これは「人形に移した厄を遠ざけたい」という親心と、 「後片付けは早くするもの」というしつけの意味が込められているとか。

(写真:和紙で作った紙雛)